静岡県富士宮市の精神科・神経科・心療内科の南富士病院は、「患者さん中心」の寄り添ったケアを行い、一日も早い社会復帰を願っております。

病院の紹介

  • HOME »
  • 病院の紹介

院長挨拶

当院は昭和41年に窪田二郎医師が富士宮市宮原に開設した精神科病院です。以来、地域の精神保健医療のため尽力してきました。平成13年には全面改築を行い現在に至っております。こころの病は、ご本人のみならず、ご家族の方も深く悩みを抱えてしまう病気です。当院では、専門の医療スタッフが療養の環境、治癒後の社会復帰にいたるまで「やさしく」「ていねいに」対応することで、「こころの病」を抱えたご本人やご家族を支援し、「こころの病」が快方に向かうような環境の提供を目指しています。これからも、地域の皆様が安心して「こころの治療」が出来る病院としてスタッフ一同、研鑽と努力を続けていきたいと願っております。

医療法人社団 仁信会 南富士病院 院長  窪田 裕輔

 

法人の理念

当院では、こころの病を持つ「患者さん」に対し、3つの考えがあります。これを法人の理念とします。

1、こころの悩みを抱える方に、やさしく接し、環境を整え、こころの病気を快方に向かわせたい。

2、本人やご家族の悩みを聴き、それを理解することで、こころの病気を快方に向かわせたい。

3、本人や家族への支援を通じ、こころの病気をささえるてだてをつくり、こころの病気を快方に向かわせたい。

常勤医師

●窪田 裕輔(院長)
藤田保険衛生大学 平成5年卒
精神保健指定医
日本精神神経学会専門医
日本医師会産業医
日本泌尿器科学会専門医

●佐野 光正
信州大学 昭和49年卒 精神保健指定医

●髙木 恵次
大阪大学 平成19年卒 精神科医師

沿革

昭和 41年   開院 精神科 神経科 106床
昭和 45年   新館落成  増床  229床
昭和 47年   講堂、体育館落成
昭和 50年   内科 併設
昭和 54年   改修工事(以後、平成11年まで第5次工事)
昭和 59年   全開放化
昭和 60年   鉄格子の全撤去
昭和 63年   CT ・ 検査棟落成
平成 1年   医事コンピューターシステム導入
平成 14年   全面改装、近代化事業終了    180床
平成 29年   改修工事  170床

病院概要

名  称  医療法人社団  仁信会  南富士病院
理 事 長  窪田 裕輔
院   長  窪田 裕輔
所 在 地  静岡県富士宮市宮原348-1
電話番号  0544-26-5197
F A X  0544-23-1280

東京慈恵会医科大学 精神医学講座     関連病院

日本精神神経学会   精神科専門医制度 認定研修施設

施設概要

病 床 数  170床
届 出 事 項 精神保健福祉法指定病院
一般精神病棟 58床
精神病棟入院基本料(15対1)
看護補助加算 1
精神療養病棟入院料 2病棟 112床
精神科作業療法
精神科デイケア(大規模)
精神科ショートケア(大規模)
入院時食事療養(Ⅰ)
精神科訪問看護等

PAGETOP
Copyright © 医療法人社団 仁信会
南富士病院
All Rights Reserved.